西村史子と「子ども」

私がこんなにも「子ども」のことに執着している理由を書いておこう。

「教える」を経て思うこと

私には、家庭教師や教員をしていた時代がある。

家庭教師をした中に、自分は家族に愛されていないと感じている中学生がいた。