謝るって大事なことなのにできない私

先日、謝ることがあって。

わたしが悪いことを謝らなきゃいけなかったんだ。

でも、悪くないって、ずっと思ってた。

処理できなかったんだ。

悪くないから謝らないって。

でも、やっぱりわたしが悪いことをしたのは明白で、わかっていたんだ。

だから、やっぱり謝ろうと思って「ごめんなさい」って言おうとすると、泣けてくるんだ。

悔しいとか、そんな気持ちではなく、とにかく泣けてくる。

何が起こっているんだろう?と、気持ちにフォーカスしてみた。

そしたら気付いたことがあったんだ。

謝ったら愛されてないことを認めることになる

ごめんなさいって、謝っちゃったら愛されてないってことを、認めることになるって、自分の中から聞こえてきたんだ。

どゆこと?と思ったけれど、なんとなく、感覚がそう言っていて。

あ~やっぱり、愛されてないんだって。

昔、母親に対して、怒られる、叱られるようなことをした自分が悪いんだけど、謝らなくてもいいよね?って、試すようなことをたくさんしてきたんだなと。

私を許してくれるでしょ?って。

で、結局許してもらえないから、謝ることは、愛されてないんだって認める行為につながってたんだって。

だから、悲しくて涙が出ることがわかった。

試して試して、「やっぱり愛されてない」って、信じこんで。

謝っても謝らなくても愛されてる

そんなことを考えながら、ぐじゃぐじゃして泣いてたら、こどもたちが寄ってきた。

私の回りには、こんなに愛してくれる人がいる。

私も、私を愛してる。

大切にしたい。

なんて幸せなんだろう。

愛されてる私は、謝っても謝らなくても愛されてる。

だから、謝ることで変わりはしない。

そう、今なら思える。

愛してくれてありがとう。

まとめ

私は、人を傷つけてしまうことがある。

思ったことを言葉にしてしまうから。

そういうことで、人に失礼をしてしまうことがあるんだ。

そんなときは、きちんと謝る。

謝っても謝らなくても愛されてるから。

大丈夫だから。

この出来事で、またひとつ、終わることができた。

大丈夫、愛されてるから。

私が愛している人たちがたくさんいるから。

私は私を愛しているから。