一人になることは孤独になることじゃないんだ

一人になることがこんなに幸せだったなんて、思いもしなかった。
一人になるって、孤独じゃないんだって、今なら言える。

私、あまりにも人と一緒にいすぎて、私自身のエネルギーが枯渇していたんだって今、思う。
私からしかエネルギーは生まれないのに、そのエネルギーをチャージする自分自身と繋がってこなかったというか。

自分自身が、自分と話をする時間だけ、エネルギーが重鎮される。

あ、あと、子どもたちからもらう〜ってのも、できるけど。
あ、あと、自然からもらう〜とかもできるけど。
あ、あと、おばあちゃんと関わることからも。

私は、エネルギーって、言葉がないところから来ていると思う。

自然のものは、話をしない。
動物も。

でも、エネルギーに満ち溢れていて。

そして、自然の流れがあり、逆らうことなく流れて行く。

だから、とても儚いし、美しい。
それでいて、とても強いし、蓄えている。
しかも、それが力むとか、そんな変な力の入っていない。
本当に「自然」という言葉が物語るようなそんな感じ。

その自然のような儚さ、美しさ、強さを備えた自分でありたいと願うならば、自分の源と繋がってそのパワーを重鎮する必要がある。

私の場合、
タロットだったり、
ブログに書くことだったり、
絵を書くことだったり、
何かを作ることだったり、
自分のために没頭する時間がそれに当たる。

一人になるって、こうやって、自分と繋がる時間を持つっていうことだったんだって、今なら言える。

そして、自分自身の本当の力に目覚めて行く。

ああ、とても素晴らしい時間だ。

この時間をくれている、過去たちにありがとうを伝えたい。

色々なことがあったけれど。

ここにたどり着くための時間だったんだ。

そして、これから、どんどん自分自身に気付いていく自分。

これからが楽しみである。

心の動き

Posted by fumiko