産褥期で辛いのに旦那の行動にイライラする!人のイライラ解消法

こんにちは。西村史子です。

子育てが始まって早いもので13日が経ちます。
実際に家に帰ってきてからだと、7日も経ちました。

なんだか入院していたのが昨日のことのようです。
彼がお腹の中にいたのも昨日のことのよう。
妊娠発覚したのも昨日のことのようです。

本当に、時が経つのが早く感じます。

本当は、こんな時期(産褥期)は里帰りをして、
両親に助けてもらうのが一番なのですが、
うちはそれをしませんでした。

代わりに、旦那が休みをとってくれていて、
しばらく一緒に生活をします。

 

旦那は頑張って「良い旦那さん」をしようとしてくれている

旦那はいろいろとつくしてくれています。
お風呂に入れたり、気を使ってご飯を作ってくれたり。
様々な家事を頑張ってやってくれています。

頑張っているなっていうのはわかるんです。

でも、なんだかその光景を見ていると、
イライラしちゃうんですよね。

更に、イライラしている自分にもイライラ。

あ”〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!イライラ!!

 

本当は旦那にイライラしているわけではない

理想と現実は違うって、様々な人が言っていますよね。

私はこんな理想を考えていました。

  1. 食事は何でもいいから、私が何も言わずとも作ってくれる。
  2. 子どもの世話をかわりにやってくれる
  3. 私は寝ている以外は、お乳をあげれればいい
  4. 家の中は綺麗に片付いている
  5. 洗濯もやってくれる

 

さて、これってすごく理想だってわかっています。
でも、主人ならこんなこと、できるんじゃないかな?って
淡い期待をしていたんですよね。

でも、実際は違っていました。

我が家の現実はこうです。

  1. 食事は「◯◯でいいから作って」と言わなければ作れない
  2. 子どもの世話で、オムツ替えはできない(うんち触りたくない)
  3. 寝ていたら何かと困るので、つい動いてしまう
  4. 家の中はひっちゃかめっちゃか。散らかり放題!!
  5. 洗濯はできても、干しっぱなし。放置。

 

はあ、これだけ現実が違っていれば、イライラもしますよ。
(ちまたの旦那様に比べたら全然やってくれるよ!
なんて言われてしまいそうですが・・・)

と、まあ、現実と理想の間で私は
イライライライラしていたのでした。

はあ、なんと器の狭い私・・・

 

旦那にぶつけてしまったらこう言います

さっきのイライラ、爆発するとつい
旦那にぶつけてしまうんですよね。

そのたびに、こう言います。

「ごめんね。イライラしてる。」

はあ、こんなことしたいんじゃないのにな・・・って、
自己嫌悪に陥ります。

旦那はそれを全部受け止めてくれます。

良い旦那をもったなあと、つくづく思います。

※たまに、上記のようなできないことを見つけては
嫌だなあなんて思うこともありますが。

 

まとめ

イライラしているのは、もしかしたら自分自身の発想から
かもしれません。

今一度、その発想、振り返ってみてください。

もしかしたら、あなたの理想に旦那さんが
ついてこれていないだけかもしれません。

理想を押し付けるだけでは、旦那様が
かわいそうですものね。

その場合には、旦那様と一緒に考え、
今の現状を伝え、どうしてほしいのかを
じっくりと話しあうことが必要なのでしょう。

私の場合は、「ごめん、イライラしてる」と言ってから
「本当は◯◯してほしかったの。」と伝えるようにしています。

落ち着いてからなら、冷静な口調で自分の希望も伝えることが
できるはずですからね。

ぜひ、みなさんも自分の意見をぶつけるばかりではなく、
一呼吸置いてから自分の意見を言ってみてはどうでしょうか。

見える世界が変わってくるはずですよ。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願い致します。

西村史子でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です