娘の熱性けいれん~気づかされること

昨夜、娘が三度目の熱性けいれんを起こした。

二度目は年末。

あのときはインフルエンザだったが、今回はまったくよくわからない。

二回目同様、熱があがったことさえ気づかなかった。

しかし、そんな彼女。

たくさん信号を送っていたのに、私が見逃してきた。

子どもの言うことはあてにならないと否定している私

二回目の熱性けいれんがあったことで、なんとなく熱が出るんじゃないか?兆候がわかるようになった。

  • ほほががさがさになる
  • samuitouttaeru
  • kimochiwaruitoiu
  • gohannwonokosu
  • nebusoku

こんな感じだ。

しかし、それらの行動や発言があったとしても、私はこう思っていたことに今回気づかされた。

  • 嘘でしょ
  • sonnanihidokunaidesyo
  • youryouiikaranigatekaranogareyoutoshiterunndesyo

あらあら、まぁまぁ。

子どもの考えてること、全否定だ。

そりゃ、受け取れるものも、受け取れないよね。

否定することで何を得ているの?

私は彼女の考えてることを否定することで、何を得ているのだろうか。

  • 私が私の意見を肯定できる
  • kanojyowokonntoro-rukaniokitai
  • kawaiimamanomusumedeitekureru
  • itumademomederusonnzaideattehoshii

こんなメリットというか、願望があったのだ。

そうか、まだまだ娘にはかわいい、癒しの存在であってほしかったのだ。

しかし、彼女も一人の人に成長していくのだ。

それを受け入れていかなければ。

私自身が成長しなければ。

彼女をよく見て、彼女の言動や行動を信じて。

前に進めと、言われている気がする。

彼女のペース、彼女のイライラ、いろんなことを私は「受けとる」必要がある。

いや、ちょっと違う。

私は「受けとりたい」のだ。

向き合う決意が必要なのだ。

彼女と向き合う。

すごく労力の必要なことなのだが、冷静に彼女と向き合う。

対等な「人」として向き合う。

これができることで、また私は成長するのだろう。

彼女との関わりの中で、たくさん学ぶのだろう。

よし、怖いけど向き合う。

さぁ、どんな結果が得られるだろうか?

未分類

Posted by fumiko