おせち料理が嫌なものから「美味しいもの」へ

昔々、私の実家ではしっかりとおせち料理を作っていた。

私はその手伝いをしていた記憶がある。

お煮しめに使うこんにゃくをまきまき。

栗きんとんのきんとんをこしこし。

冷たい水で、寒いなか、土間で作業だった。

そんな思いでのおせち料理。

食べるのも嫌いだった。

甘い。

甘い。

甘い!!

ひたすら甘い!!

そんなこんなで、あんまり美味しいとは思えなかったおせち料理。

それが、今回は違った。

私が作ったおせち料理。

私が自分で作ったおせち料理。

ほんのりした甘さ。

濃すぎない味付け。

何より、作るのが全然苦じゃなかった。

簡単だった。

四日もかかったけど、かなり楽だった。

とてもとても美味しく感じた今回のおせち料理。

何が違ったのかな?と考えてみた。

自分で作った

とにかく「自分で」が大事だったのかもしれない。

昔はお母さんが作るから、その手伝いで頑張っていた。

特に、年末年始は学校も休みだから、手伝いをする以外やることがないから。

あくまで手伝い。

自分の意思ではなかったから、嫌いなものもあったし、美味しいと感じなかったのだと思う。

今回は、自分が食べたくて作った。

自分のためのおせち料理だった。

だから美味しく感じたのかもしれないなと。

歳を取った

次の理由は、単純に歳を取ったからではないかな?と。

私も今年、35になる。

あの頃の記憶は10歳とか。

思考も未熟だったし、嫌なこと等もたくさんあった時代だった。

そんな過去に、今までは囚われていたのだなと。

自分主導で人生を生きる

今回は、自分で献立も考えて作った。

誰に言われるでもなく、自分から作った。

自分主導。

これが一番大きいのではないだろうか。

やれ、「豆も食べなさい」とか言わなくてすむ。

自分の食べたいものを食べたいぶんだけ食べる。

自分が作ったから、人に食べさせるのもあまりない。

※息子や娘には「このお椀に入ってるのは食べなさい。」とそれだけは言っていたけれど。

とにかく、始まりは自分、そして終わりも自分。

そうやってできたことが、美味しく感じた理由だと思う。

今年の始まりがそうできたということは、人生、「自分から始まり、自分で終わる。」ができそうだ。

きっと今年も色々起こる。

自分から始め、自分で終わらせる。を意識して生きよう。

食と命

Posted by fumiko