兄弟にはどちらも違った関わり方をしています。

こんにちは。再就職支援ベビーシッター(キッズシッター)西村史子です。

先日、双子ちゃんと姉の3人兄弟のママと知り合いました。
その時は双子ちゃんしか連れていなかったのですが、
ふたりともおんなじ顔しているのに、全く違う行動をするんですよね。
ホント、見ていて面白かったです。

 

双子でもこんなに違う

以前双子の兄弟を継続シッターしていたことがあります。

この双子ちゃん、ふたりとも活発・・・なんですけれど性格が全く違うのです。

一人はとてもクールな子で、何事もあまり熱くならず、冷静に判断するのです。
はたやもう一人は、とても情熱的で、勝ち負けにこだわり、
自分が兄弟や友達よりも負けていると感じるとすぐに
「もう一回やる」と勝負を挑んでくるような子どもです。
特に、負けた時は泣いて悔しがることも多々ありましたね。

どちらもまだまだかわいい4歳の男の子という感じです。

しかし、ふたりとも同じ環境で育っているにも関わらず、ここまで
考えていること、感じていること、行動が違うのです。

ここで言いたいのは、そのそれぞれに「同じこと」を「同じようにさせる」ことは
とても難しいということです。

 

兄弟は平等に・・・って本当に大事?

兄弟だから、平等に関わりなさいって巷の育児書などには書かれています。

これは双子に限ったことではなく、お兄ちゃんだからとか、弟だからとかっていう
垣根を作らず、平等に遊んだり、叱ったりしなさいって書かれていると思います。

でも、それぞれ性格が違うのに、同じ「叱り方」や「遊び」をしていて、それで
成長ってあるのでしょうか?

確かに、遊びの中では「同じものをさせよ」とは言っていませんね。

でも、遊ぶなら一緒に遊んであげなさいとか、兄弟トラブルが起こった時は
ちゃんとそれぞれに理由を聞きなさいなどと書かれているものも多いはずです。

しかし、その「平等に」という関わり方って基本、やっても意味がないと私は思っています。

なぜなら、先にもあげたように、「それぞれ性格が違うから」です。

届く言葉も違えば、ママに対しての信頼の築き方も違うはずだからです。

 

平等じゃない関わり方ってどんな関わり方なの?

平等じゃなくていい。

そう言われて、「じゃあ、どのように関われっていうの?」と混乱される方が多いと思うのです。

これは、至ってシンプルです。

  • 子どもそれぞれに合わせて関わること
  • 子どもそれぞれに叱ること
  • 子どもそれぞれとの時間を取ること

まあ、とにかく個別に関わる時間をできるだけ取るといいよということですよね。

兄だろうが、弟だろうが、ママを独占したいという思いは強いです。

どちらから見ても、ママは一人しかいないですからね。

だからこそ、一週間に一回、いや、一ヶ月に一回でいいから、
それぞれだけと関わる時間を作ってほしいのです。

 

シッターはどうしてるの?

シッターするときは、このように対応しています。

  • それぞれに目を配る
  • 喧嘩する場合はそれぞれに事情を聞く
  • それぞれで違った遊びもできるようにする
  • それぞれの遊びを観察し、必要そうな方の遊びに一緒に参加する
    (もちろん、その間にもうひとりの動きも見ておく)

このような感じで、「それぞれで」という遊びができるように
心構えをしながら関わっています。

それぞれの遊びに参加する場合は、どちらにも違った関わり方をします。

 

例えばどうするの?

双子ちゃんの場合、それぞれ遊びの趣向が違いました。

一人は対戦するのが好きで、私とよく戦いごっこをしたがりました。
もう一人は机に向かってパズルやお絵描きをするのが好きでした。

なので、まずは戦いごっこをして、そのあと、十分にお絵描きを終えたなと思ったら休憩!と声をかけてもう一人の描いた作品を見て、いろいろお話をするのです。

このような感じで、子どもが本当に必要だと思っている時に関わるように心がけています。

それぞれ子どもによって、関わってもらいたいときは違うと思いますので、そこは観察しながら感じ取ってあげてくださいね。

まとめ

いろいろ遊びがあるなかで、子どもが関わってほしいときを見極めて、兄弟別々に関わってあげることが大事です。

でも、それってかなりの臨機応変さが必要ですよね。そんな時には、何でもいいと思うんです。
たったひとつだけ、一人の子とじっくり関わる時間をつくるだけでいろいろと変わってくると思うので、ぜひ、試してみてくださいね。

不器用でも、大人の愛情は必ず伝わりますから。
ぜひ、諦めずにチャレンジしてみてください。

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
再就職支援ベビーシッター(キッズシッター)西村史子でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です