怒鳴ってもイライラしても理想のお母さんだった

今朝は、また怒号を息子に浴びせてしまった…

何が起こっているの?

どうして私はここまでコントロールが効かなくなってしまったんだろう…

殴る、蹴る、かみつくみたいなものはなくなった。

しかし、「ば~かば~か」と息子を罵ったり、場外へ出したり(これは昔の押し入れにいれられるとかと同じかな)。

とにかく感情的で、止められなくて。

誰かに止めてほしいのに。

側にいる人には頼めなくて。

このままじゃ息子がだめになっちゃう。

私みたいになっちゃう。

でも、止められない。

止めたくない自分。

なぜ?

なぜ止めたくないの?

傷つけるんだよ?

息子が非行にでも走ったらどうするの?

人様に迷惑かけたらどうするの?

だって、やめられないんだもん。

いや、やめたくない。

助けて!止まらない!って言いたいんだね。

もう、やめたいの。

こういう、腑甲斐無いって思うようなこと、やめたいの。

群馬のトンネルに行った時の写真。
どっちの手も繋いで、お母さんやってる感ある笑

お母さん、やめてみたら?

もう、やめていいんじゃない?

もう、やめようよ。

こんな自分なんだって、認めようよ。

って、言われたい。

引導を渡してもらいたいんだ。

もうお母さんやめられたら、どれだけ楽か。

お母さんであることを放棄できたら、どれだけ楽になるか。

でも、放棄できない。

っていうか、これは放棄しない。

だって、誰があの子を育てるの?

私以外の。誰が?育てるの?

誰もいないでしょ。

あの子を育てるのは私。

息子は私をお母さんでいさせてくれている

そっか、育てなきゃって思ってる?

なんでも教えてやんなきゃって。なってるのか。

そっか、私をお母さんでいさせてくれてるんだね。

そんな私を、お母さんでいさせてくれてるんだ。

お母さんでいなくていいんじゃない?

そもそも、お母さんってなんだと思っているんだろ?

私の中のお母さんとはどんな人のことを言うの?

私の理想のお母さん像

  • お母さんってどんな人のことを言うの?

あったかい。

抱き締めてくれて。

側にずっといてくれて。

話を聞いてくれて。

わからないときは答えをくれて。

根気強く関わってくれて。

帰ったら「おかえり」って言ってくれて。

ご飯おいしいものを出してくれて。

一緒に楽しくご飯食べてくれて。

残したら「明日食べればいいからね」って言ってくれて。

宿題教えてくれて。

優しい。

とにかく優しい。

いつもニコニコしてて。

大事なことはみっちりと教えてくれる。

例えば性のこと。

例えば命のこと。

例えばご先祖様のこと。

そんな人かな。

  • どんな風に見えるの?

そうだなぁ。

ほわぁっと、暖かいピンクと赤が混ざったような感じ。

そんで、ほわぁっと、浮かんだ雲のような感じ。

常に胎児をお腹の中に抱いてるような。

そんな感じ。

  • 声はどんな風に聞こえるの?

まぁるい。

声も暖かい、オレンジと黄色とピンクが混ざったような色味の声。

それでいて、とても長~く、ゆっくりと響く。

  • 何をしてくれるとお母さんだと思うの?

叱ってくれたり、抱き締めてくれたり。

あなたを思ってやってる!ってわかることをしてくれたら…かな。

ただ抱き締めるとか。

叱るのもしっかりあっていいと思うんだ。

だって、叱れるのは母親しかいないからね。

  • そっか、じゃあ、精一杯、お母さんしているんだね。

そうだ。

私、「こんな私が母親なんてできてないよ」って思ってた。

でも、私の精一杯で、お母さんやってるんだ。

精一杯理想のお母さんやってた

止められないんじゃなくて、止めなかったのは、誰かに止めてほしいんじゃなかった。

精一杯、頑張ってるよって、自分が自分を認めようよって、サインしていたんだ。

私の理想のお母さん像を、ちゃんとやってた。

やれてる。

そんな自分に気付いてほしかったんだ。

精一杯やってる。

お母さん、やってるよ。

「こんなお母さんなんて」から「私らしいお母さん」へ

やっとたどり着いた。

私が、私らしいお母さんでいたこと。

そうだよね。

お母さんであるけれど、同時にそれは人間なわけで。

怒ったり泣いたりするのもお母さんなんだよ。

私は精一杯、理想のお母さんだった。

こんな私なんてって思ってた。

そこから「私らしいお母さん」になれてるって認めた。

あ~涙が出てくる。

私は私なんだ。

他の誰も私にはなれないんだ。

心の動き

Posted by fumiko