感覚のままに生きていい。

なぜか、涙が止まらない今夜。

私はやっと、私自身を大切にできるようになったのかもしれない。

周りを「見る」からうまくいかない

今朝は、毎月恒例のNLPの勉強会に参加した。

そこで、私自身の内部で何が起こってるのかを紐解いてみた。

そしたら出てきた、悪循環のループ。

例えば息子にイライラするときはだいたい、むすこの表情を見ることがきっかけで起こることが判明。

表情を見たあと、自分の中で考えてしまう。

「うわ!嫌そうな顔してる!」

ここで出た「嫌そう」っていう思い込みがイライラさせてる。

そんで、そのまま何もかも「嫌そう」に見えて、イライラしたまま物事をやり続けなければならないっていう、「いや~な状態」が続いていく。

この悪循環のきっかけは「見る」ことから「自分の思い込み」につなげていることが大きな原因やってことに、気づいたことがとてもとても大きかった。

それを理解したことで、今日の昼間から今の夜中までは、息子たちに怒ってない。

別に、何か特別なことをしようとしているわけではなくて。

ただ、周りを見ないようにしただけ。

感覚のままにいるようにしただけ。

あ~幸せやなぁ。

あ~あったかいなぁ。

あ~おいしいなぁ。

あ~おいしそうやなぁ。

あ~食べたいなぁ。

あ~きれいやなぁ。

出掛けの車の窓から見えたでっかい月。きれいやったから思わずパシャリ

こういうのを、ひとつひとつ言葉にして、実践してみただけ。

私がおもうがままに、行動しただけ。

色んなことぐしゃぐしゃ考えるんでなくて、ただ、やりたいように行動しただけ。

そしたら、なんだかとても穏やかで。

あぁ、なんか、感覚のままにいるって、なんて楽なんやろうって、思えたことが大きい。

感覚のままにいるって楽

そして、おかしな気を遣うこともしていない。

いつもだと、大人数だと誰かに話さなきゃとか、遠慮しなくちゃとか、色んなこと考えていて、気を配っちゃうのが私。

※気配りできているかできてないとか、そういうことではなく、私が「気を配っている」と感じていることがここでは重要。

だから、気疲れするから人の中にいたくなかった。

でも、今日はとても楽にいられた。

飲み会に誘われたので、旦那にこどもたちを任せてつかの間の独り身お出かけ。

いつもだと気を遣う場面があるけれど、今日は何も考えず、ただそこにいた。

話したいときに話し、笑いたいときに笑い、聞きたいときに聞き、飲みたいときに飲み、食べたいときに食べた。

本当に気にせず、いたいようにいられた。

それは私にとって、とても大きなことなのだ。

ありたいようにあれていることが、とても心地がよく、心が「おかえり」と言っているのがわかる。

私が私に「おかえり」と言っている。

周りを見ない。

ただこれだけで、なんと平穏が保たれることか。

私は私のために生きていい。

そして、そんな穏やかな感覚のまま、Facebookを見ていたら、こんな言葉が。

「私は私のために生きる。」

これは、ゲシュタルトの祈りというものの、冒頭部分。

うまく言葉にならないのだけれど、とにかく、「私は私のために生きていい。」という表現がすごくすごくしっくりきたのだ。

それは、過去の私に「ありがとう」と言って、さようならをするような。

母に「そんなんじゃだめよ。もっとこうしなくちゃ」って言われて、いやいや母の思うとおりにやってきたことを思い出す。

そんな私に「今までありがとう。」と言って、「私は私のためにいきるよ。」と宣言しているような。

そんな、とても強い、あたたかいなにかを感じている。

私は私のために生きていい。

そう思う、自分の感覚に「自信」を感じられた今日だった。