他の子に比べて出来ないことが気になって仕方がないお母さんへ

発達は個人差がある

子どもは百人十色。
それぞれの発達進度があります。
成長過程は同じように成長していくとしても、成長進度は全く違います。

・ハイハイなかなかしなかったのに、ハイハイしたと思ったらもう、つかまり立ちを始めちゃった!

・寝返りが遅かっのに、お座りしたらすぐハイハイしちゃった!

・全体的にゆっくりで、寝返りもお座りも他の子に比べて遅かった。

様々な発達進度があります。

比べるのはお子さん自身

よく「あの子はこれができてるけど、うちの子はこれができてない。」と聞きます。

他の子と比べて、遅いと悩まれることも多いと思います。

ただ、他の子は他の子なんですよね。
違う食べ物、違う家、違う母に育てられている、関わる人も違うのだから、成長の仕方が違うことも、なんとなく想像はつきますよね。

ついつい比べてしまう時は?

私もついつい、他の子に目がいってしまって、自分の子と比べてしまうことは、よくあります。比べてしまってから「比べても仕方ないんやよね。」と思うことが多いです。

最初から比べないことも大事だと思います。変に落胆しなくてすみますからね。

そこで、最初から比べないためにはどうしたらいいのかを考えました。

他の子と比べないための方法

まず、自分の子は自分の子の中で比べればいいのです。
他の子と比較するのではなく、自分の子の少し前の時期と比べます。

うちの子の場合、一ヶ月前にできなかったことが今はできる!などと考えるようにしています。

次に、子どもの生まれた時の写真を見て、この時はなにもできなかったのねと、確認します。

ゆっくりでも成長する

他の子と比べて成長が遅いと感じてしまっても、必ず成長はしていきます。

ゆっくり育つ子も、早く育つ子も、その子自身の成長のペースがあるのです。

子どもの力を信じて、今はその子そのままを見るようにしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です