私なりの離乳食の作り方1

最近がっつり、息子君が離乳食食べてくれるので、離乳食作りを頑張っちゃってます。

さてさて、そんな私も最初は手探りで、自己流で離乳食をはじめました。

最初はすり鉢と、すりこぎを準備した

まず準備したのは「すりばち」と「すりこぎ」です。

image

離乳食教室が町で開かれていて、そのときに教わりました。「赤ちゃんの本」という、町から支給される本にも載っています。

とにかく、咀嚼ができない赤ちゃんの代わりに、潰しておいてあげることを考えたら、すり鉢とすりこぎは必須かな??と思ったのです。

すり鉢とすりこぎは、100均にもあるけれども、手頃なのがなかったので、近くのスーパーですり鉢600円、(すりこぎ400円くらいくらいのものを購入。

ひとまず10倍がゆを作ってみた

さて、いざ作ろうとなったら、10倍がゆがどんなものかわからなかったので、動画やレシピを検索して作ってみました。

そして出来上がったのですが、なんだか水がまだまだ残っていて、こんなんでいいんかな??という感じ。

とにかくやってみようということで、それをすり鉢へ。

すり鉢ですると、だいぶ細かくなる

すり鉢に入れて、すりこぎでゴリゴリとすります。
その、手が痛いこと(^-^;
かなり力を入れてゴリゴリしました。

粒々が残ってるけど大丈夫かな??

さて、こんな感じに出来上がったので、息子君にあげてみることに。

image

結構粒々が残っていて、ペーストではあるけれども、ほんとにこれでいいの??というものでした。

息子君はなんだこれ??という不思議そうな顔や、うえ~といった、なんだか嫌そうな顔をしながらも食べてくれました。

消化しきれず、そのまま…

それから一日経って、息子君のう○ちに変化が!!

そのまま粒々が出てきています(^-^;
あちゃ~仕方ないよね~あれだけ粒々残ってたんやしね~

と思いながらも、機材がないため、ひとまずそのままの調理方法で離乳食を続けました。

さてさて、長くなるのでまた次回の記事で続きを書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です