妊娠して思うこと。

こんにちは。西村 史子です。

妊娠した時のことなど、なかなか書いてこなかったので、備忘録としてこちらに残させていただきます。

妊娠して、私ってこんなに人を大切に思う人だったかな?と感じる瞬間が多々あります。

旦那がかわいいと思えたり。

職場の先生に対してなんだか、おおらかに対応している自分がいたり。

これっていわゆる「母性本能」なのでしょうかね。

 

私たち夫婦はふたりとも、カウンセラーの資格を持っていて、カウンセリングをすることができるんです。そこまで心を深く扱ってきた私たちは、妊娠がわかるまでこんな話をしていました。

 

「まだまだ親になる自信がないな。」

 

はい、自信なんて、やってみて、やり続けて得ていくものだってわかりながら、なんだか怖くて、子どもな自分が子どもを産むなんてまだまだ早いって思っていたんですね。

でも、命はやってきてくれた。

まあ、夢であんなこと言われちゃったらそりゃ、「もういいのかな?」なんて思いますけどね。

でも、妊娠して、この子がお腹にいても、いつも思うこと・・・

それは、「私に母親できるんかな?」ってなことですね。

 

母親、為せば成るってかんじですよね。きっと。

 

だから、やっていけば大丈夫だっていうのも知っています。

でも、どこかしらやっぱり不安はあるんですよね。

大きくはないですが、やはり不安なんでしょうね。

 

でも、多分大丈夫、うまくいくよってことも、知っているんです。

だから、今は少し複雑な心境ですね。

 

まあ、何はともあれ、この子が来てから、本当に幅が広くなったなあと私は思います。

最初はホルモンの崩れからか、急に泣き出したりしていましたが、今はとても安定して、心もとても満たされています。

身体と心が満たされているから、この子も心地よいでしょうね。

このまま妊娠ライフ、続けていきます。

 

この子が生まれてからの更なる幸せな時間を想像しながら。

 

それでは、最期までお付き合いいただき、ありがとうございました。

西村 史子でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です