疲れ知らずの体は、エネルギーが関係してる??

おはようございます。史子です。

今朝も私の住んでいる地方は寒いです。

寒い中でも、先日お話したダイエットは続いております。

 

続けられるって、とても自信になりますね。

まあ、よく心理学では、「何もない自分も認める」と言われますが、やはり私の場合は何かがあると、余計に喜びたくなるタイプです笑

だから、苦しくなることもありますが、その分、嬉しい事が倍になっていいなあって思っています。

 

っと、そんな話はおいておいて・・・ジョグですが、だいぶ慣れてきて、筋肉痛が少なくなってきました。そして、走ることで体調の悪さとか、良さなどがはっきり感じられるようになってきたので、頑張る力をセーブしたり、めちゃくちゃ頑張ったりと、自分でコントロールができるようになってきました。

 

そのおかげか、コンスタンスに同じエネルギーで動くことができるようになってきたということかな・・・なんて思っています。

 

エネルギーって、使えば使うほど大変で、使わなければ使わないで、溜まってしまって良くなかったりするんですよね。ちょうど、ガソリンのような感じですよ。

放ったらかしにしておけば、少しずつ劣化して良くないものだけが残ってしまうし、使いすぎると早くなくなってしまうし・・・ってね。エコに生きなきゃって言われているけれども、このエコっていうのが、人間も同じなのかもって最近思います。

 

労力は、いつも一定で、足したり引いたりしながらある一定のエネルギーを保った状態で一日を過ごせるようになるといいなあと、思っています。

 

そうすれば、疲れ知らずの体になれるんじゃないかな。

 

そうなるよう、今、頑張っています。

みなさんもご一緒に疲れ知らずの体になりませんか??

コメントお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です