自分で考えられない子どもが増えているのは、考える練習をしていないから。

こんにちは。久々の投稿、史子です。

最近は毎日の仕事に追われています。

 

私って、実は子どものような性格なんです。

気に入らないことは気に入らないって言ったり、正しいと思ったら自分が正しいし・・・

まあ、人に意見を譲らないというか、そんな感じです。

仕事も、「今」のことしか考えていないっていうか・・・

 

子どもって、思考の部分がまだ未熟なために、考える力がなかったりするんですよね。

だから、その場のことしか考えられない。

 

するとどうなるかって・・・

そう、「危険だからやめよう」とか、考えて行動できないんですよね。

例えば、赤信号なのに走りぬけようとするとか、ボールを追いかけて走って行っちゃうとか・・・

事故につながるのは、この思考が未熟なためですよね。

 

私も、同じです。ほとんどが、「今」しか見えていないんですよね。

 

現在、仕事の内容が変わり、事務の仕事を請け負うようになりました。

そのため、周りを把握する力とか、先々の出来事を思考して今の行動を決める必要があるんです。

 

そんな立場でなければ、絶対に行わなかったことです。

だからこそ、今は、今の仕事が練習だと思っています。

 

今の子供達には、「思考する」時間が持てていないように思います。

考える練習ができないということです。

 

そんな、「考える」時間を持つことも、とても大事なことなんだな・・・と思いました。

 

 

っと、皆さんはそんなこと、仕事でいっぱいしてるよ!

当たり前でしょ?何言ってるの?

なんていう方も多いですよね。そうなんです、私はまだまだそんな段階です(^^;)

 

そんな段階の私が教えている・・・でも、そんな段階だからこそ、子どもたちの気持ちは痛いほどわかるんですよね。

 

常に思っています。私にできることを、精一杯やるだけなんだって。

 

まっすぐに、生きていきます。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

それでは、またお会いしましょう。

 

 

PS:今日は東京に来ています!また学びをUPするかもしれませんので、お楽しみに(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です