雇われることが夢だと言う日本の社会ってどうなの??

こんばんは。史子です♪

今日は一日、学校で仕事でした。学校で仕事って、なんだか変なこと言ってますよね(^^;)

 

じゃあ、違う場所で仕事するの??

 

いえ、しません笑(^^;)

私の務めている学校を少し紹介しますね。

そこは、とても古い木造校舎の学校です。

そこは、たまたま見つけた求人で、応募してみたら緊急で教員が必要ということで雇われました。

 

雇われるようになってはや、六ヶ月が経ちます。

 

雇われることって、とても大変です。なぜ、こんなに大変なことを日本は勧めるのかな??

高校卒業したら「会社」に入りましょうとガイダンスされます。

小学生の夢を聞くと、「看護師さん」「野球選手」などと、それぞれ職種を言うんですよね。

 

なぜ、あなたの夢は?の問いが「職業」なんでしょうかね?

 

別に、「でっかいものを作る!」とか、「パソコンを開発するの!」とか、「電子レンジに紙を入れたら、それと同じメニューが出てきて食べられるような電子レンジを作るの!」とか、もっともっと大きな夢を語ってもいいのに・・・

 

やはり、「教育」自体が、夢をつくっているんだなあ・・・って思います。

 

かくいう、私はどんな夢を持っていたかって?

 

  • お姫様
  • 美味しいご飯を作る人!(農家という意味で言っていたな)
  • 女優
  • 陶芸家
  • オリンピック選手

 

あはは〜人のこと、言えませんね(^^;)

今のほうが、夢を描くのは好きですよ!

 

今の私の夢は・・・

 

  • 子どもたちが「楽しくて帰りたくない!」って思うような学校を作る
  • 遊んで暮らす
  • 自給自足する
  • おひさまと共に過ごす
  • 毎日笑顔で過ごす
  • 笑顔を伝染させる人

 

こんな感じです。

よし、語れるだけまし!!夢に向かって楽しんでこ〜〜〜(^^)

 

 

皆さんは、子どもの前で語れる夢、ありますか?大人が輝いていることが、子どもにとって一番夢を与えます。ぜひ、この機会に「夢」について考えてみてくださいね♪

 

というわけで、今日も読んで下さりありがとうございます。史子でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です