【報告】夜間子連れベビーシッターに来ています。

今日は夜間の子連れベビーシッターです。

佐久、御代田、上田、軽井沢中心に子連れベビーシッターしてます、親バカな西村史子です(^_^)

image

夜間は特例中の特例なのですよ(+_+)

今回のお宅ははじめての方。

お仕事が急に入り、更にご主人様が忘年会のために、お子さまを見ていてくれる人がいないために、ピンチヒッター的な感じでご依頼いただきました。

しかし、お子さまが一歳半ということもあり、かなり寝かしつけに苦労しました。

今回のお子さまは女の子。

ママが離れていくと泣いちゃう!みたいな、人見知りなお子さまでした。

なので、慣れるまでに時間がかかりました。

おうちに入ってから二時間くらいはずっとママの側から離れず…
ご飯を一緒に食べているとやっと笑ってくれるようになり…
お風呂からあがると大泣きされ…
一緒に遊べるようになった!と思ったらママが出掛けてしまう…
するとすぐに大泣きして…

これは人見知りというより、命を守らなきゃ!って感じの危機感を感じてるようでしたね。

大泣きしているので、シッター先のお子さまは抱っこひもでだっこし、息子はおんぶして、そのまま数時間…

さすがに疲れました(^-^;

最初は外へママを探しに行く!と大泣きするので、ある程度あったかくして外へ。

鍵がなくてあまり離れられないので、ぐるぐると周りを周り、寒くなってきたので毛布を取りにお部屋へ。

そのまままた大泣きするかと思いきや、毛布をまいてあげたら落ち着いて、そのままぐずつきながらも眠りの中へ…

しかし、下ろそうとするとダメなので、おんぶとだっこして立ったまま、四時間頑張りました~(+_+)

しかしながら、確かに離れてしまったらもう、捨てられてしまう!くらいの勢いだから、抱っこから降りたくないのも仕方ないですよね。

怖いことなのかもしれないなと、思うのです。

だからこそ、泣きじゃくってしがみついてくるお子さんをないがしろにしたくないから、頑張って抱っこするわけですね。

そして12時を過ぎる頃。

やっと眠りにつき、下ろすことができました。

眠かっただろうに、がんばったね。
明日はママにたくさん誉めて、抱き締めて、抱っこしてもらってね!

そして、息子よ、おんぶで寝てくれてほんとにありがとう。

無事、今日もお仕事が終わりますように。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【子連れベビーシッターとは】

【お問い合わせはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です