自分より年下の年齢の子どもと遊ぶことは「優しさ」を感じられる良い機会

子連れベビーシッターをしていると、当然異年齢のお子様との関わりが発生します。

うちの子どもよりも少しお姉さん、お兄さんの子どもさんのご依頼が多く、いつも
とても優しく接してくれています。

そんな子どもたちを観察していると、

自分より小さい子はわかるのです。

当然、見た目も違うだろうし、話す言葉なども違うので当たり前だとは思うのですが、そこに「小さいから優しくする」などの行動も自然とできているのです。

何人もの異年齢のお子様との関わりをしていますが、それぞれの個性がありつつ、自分よりも小さい子どもには優しく接してあげることをよく知っている年齢が2歳です。

同年齢の子よりも、自分よりも年下の子どもと関わるときのほうが、「優しくする」ことや「仲良くする」ことがよりわかりやすいのかもしれませんね。

きっとママやパパが一生懸命お子様のお世話をして、可愛がっていることが伝わっているのでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【子連れベビーシッターとは】

【お問い合わせはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です